• 化粧している女性
  • 体質から変える

    化粧

    ニキビ跡は、一度できるなかなか治らないため、正しいケアを行い、少しずつ目立たなくしていくことになります。肌のケアでは、洗顔や保湿などの化粧品を使ってケアをする方法と、食事や睡眠などにより肌の内側からケアする方法があります。どちらも健やかな肌になるためには必要なことのため、バランスよく行う必要があります。 ニキビ跡の種類によっては、セルフケアだけでは改善できないタイプがあります。肌の真皮までダメージが及んでいる深いクレーターやしこり、ケロイドになっている場合には、皮膚科専門医に相談し、適切な治療を受けることになります。 ニキビ跡治療は、保険が適用されない自由診療になります。クリニックによって料金設定が異なるため、注意が必要です。

    ニキビ跡を改善させるためのケアの基本は洗顔です。洗顔することにより余分な皮脂や汚れ、古くなった角質などを洗い流し肌を清潔にしています。正しい洗顔を行うことで肌のターンオーバーが促されます。肌のターンオーバーを促したいからと過剰な洗顔を行うと肌トラブルを引き起こすことになるため、1日1回を目安に行います。また、肌に刺激を与えないように泡で洗います。洗顔後には、しっかりと保湿を行います。 体の内側からのケアとしては、食事や睡眠がポイントです。糖質や脂質、炭水化物はできるだけ控え、バランスよく栄養素を摂取します。ミネラルなどの体内で作り出せない栄養素は、サプリメントなどを使い必要な分を補います。睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンが活発に分泌され、ターンオーバーが促されます。